夏バテで身体がだるい・・・そんな夏バテの原因と対処法は?

年々厳しくなる夏の暑さに夏バテしていませんか?カラダがだるくなったり、食欲が落ちたりなど症状は様々です。
今回は、そんな「夏バテ」の原因と対処法について書いてみたいと思います。

◆なぜ夏バテしてしまうのか?その原因とは?


夏バテになると、夏の厳しい暑さによってカラダが疲れやすくなったり、食欲がなくなったり、やる気がなくなったり、めまいを起こしたり、様々な症状が表れます。

では、なぜ夏バテが起きてしまうのでしょうか?

原因としては、次のようなことが考えられます。
①発汗によるビタミンやミネラルの損失
②食欲減退による栄養不足や冷たいものの摂り過ぎによる消化機能の低下
③暑さによる睡眠不足で体力が著しく消耗
④温度差による自律神経の乱れ
①・・たくさん汗をかくと汗の中に含まれる「ビタミン」や「ミネラル」も一緒にカラダから排泄されてしまっています。
②・・カラダのだるさから食欲がなくなり、十分な栄養が摂取できなくなり、余計に症状を悪化させてしまう原因になります。
③・・夜中も蒸し暑く、睡眠不足になりがちです。充分な休息ができなくなるため、カラダに疲労が溜まってしまいます。
④・・室内の冷房の効いた部屋と外の猛暑を行き来していると温度差にカラダがついていけなくなり、自律神経が乱れてしまいます。

どれもカラダの調子を整えるために必要な機能ですが、暑さによってこれらの機能低下が起こるため、体調が悪化してしまうのです。

人のカラダは気温によって体温が上がると、汗を出し、その汗を蒸発させる時に発生する気化熱によって体内の熱を放出し、体温を一定に保ちます。しかし、日本の夏は湿度が高いため汗が気化しにくく、熱がカラダにこもってしまいやすいのです。
さらに、最近は冷房などで夏でも涼しい環境にあるため、「汗腺」という汗を出す腺の機能が低下し、汗をかきにくくなっていると言われています。そのため、体温をこもらせてしまい夏バテの原因になりやすいです。夏こそ、汗をかいてカラダで体温調整することが大切なのです。

◆夏バテ対策に気を付けたい3つのポイント!!


①食事

たくさん汗をかくとカラダの中のビタミンやミネラルが失われていきます。そのため食事は、たんぱく質を多く含む大豆や肉と、ビタミンを多く含む果物や野菜を一緒に摂るようにしましょう。

②水分補給

カラダの中の水分が汗として出てしまうと、汗がかけなくなりカラダに熱がこもってしまう原因になります。「喉が渇いたな・・・」と思ってからの水分補給は手遅れです!
喉が渇く前に、こまめに水分を取ることが大切です。

③睡眠
 
疲れをとるためには、ぐっすり眠ることも大切です。寝るときは、室内の温度を28度くらいに出来るようエアコンや扇風機などを活用すると効果的です。
カラダを冷やし過ぎると腰痛や関節痛の原因にもなりますので気を付けて下さい。

◆夏バテ対策にカラダの調整!!

夏バテで疲れが溜まると、カラダが重だるくなり姿勢やカラダのバランスが乱れてしまいます。歪んだ姿勢は、腰や膝に大きな負担をかけてしまい、夏バテから腰痛や膝痛を発症してしまう人も少なくありません。
東葉コンディショニングではカラダ全体のバランスを整えながら、カラダを本来の歪みの無い形に戻していくことにより体の不調を改善していきます。 さらに、その方の生活習慣を見直し、カラダの不調になった原因を把握し改善に導いていきます。

いかがでしたか?まだまだ暑い日が続くと思います。夏バテの原因と対策をしっかり行いましょう!
それでもやっぱり疲れた~という方は、いつでも当院にお越しください。お待ちしています。

身体の痛みやコリ・歪みでお困りの方は、年間2万回の施術実績を誇る「からだの専門院」へご相談ください。

著者プロフィール

著者アイコン
東葉コンディショニング
東葉コンディショニングでは、「痛みと戦うあなたを全力でサポート」を合言葉に、病院や他の治療院に行っても症状が改善しないとお困りの方々と日々向き合っています。独自の整体技術「QPR法」とはクイック・ペイン・リリース法の略で、一般的な筋肉を押したり揉んだりする施術とは違います。優しくカラダをゆらゆら揺らしながら安心感を与え、体の芯からゆるめ歪みやねじれを解消させていくのが特徴的です。安全で効果の高い施術法なので、乳児から高齢者、デリケートな妊婦さんまで、また手術を考えるほどの重症の方も多く来院し違いを実感しています。

関連記事