ゴルフによる肘の痛み。肘だけに原因があるわけじゃない!?

中高年に人気の高いスポーツであるゴルフ。熱中してしまい、練習のしすぎで肘の痛みに悩まされている方も多いのではないでしょうか?ゴルフをする方に多い肘の痛みを「ゴルフ肘」と言います。痛いまま放っておくと日常生活にも影響が出るくらい、ひどくなることもあります。そうなってはゴルフの練習どころではなくなってしまいますよね。

そんな肘の痛みの原因・・・実はカラダの歪みからきていることが考えられます。

今回はそんなゴルフ肘の症状とカラダの歪みの原因について書いてみようと思います。

 

◆  ゴルフ肘によって起こる症状とは?

 

よく言われる「ゴルフ肘」とは、正式な症状名ではありません。本来は「上腕骨上顆炎」(じょうわんこつじょうかえん)と言います。

 手のひらを下に向けて伸ばしたときに、肘の外側が痛くなるのがこの「上腕骨外側上顆炎」の特徴です。トムセンテストという方法で判断することも出来ます。

手のひらを下にしたまま肘をまっすぐ伸ばした状態で手首に負荷をかけ、肘に痛みが出た場合は陽性です。この炎症は繰り返し同じ動作をすることで肘にある腱に負担が掛かり、痛みが出ます。

ゴルフも常に利き手の側でクラブを振るためカラダに偏った負荷がかかりやすいです。普段、痛みは感じることはあまりありませんが、雑巾を絞るような捻った動作をしたときに痛みが出ます。酷い場合だと日常生活にも支障が出るくらいの疼痛を感じる場合もあり放っておくのは危険です。

 

  トムセンテスト

トムセンテスト.jpg

①肘をまっすぐ伸ばします。

②腕を伸ばしたまま、手首を根元から動かすように負荷をかけます。

③肘に疼痛が出たらゴルフ肘である可能性が高いです。

 

◆ゴルフ肘の勘違いしやすい原因

 

勘違いされやすいのが、結果的に肘に痛みが出ているだけで、その根本原因は肘だけではないということです。

ゴルフ肘は、スイングの際に肘が脇から離れすぎることで肘に負担がかかる場合や、肘が固まってほとんど回転せず、手首を中心にスイングするケースなどでも起こります。いずれの場合も、原因は肘の動きだけにあるわけではないのです。

手首の動きは手首の関節だけによるものではなく、肘の関節と連動して動いているため手首を捻ってスイングするする人はゴルフ肘になりやすいのです。

 

また、本来ゴルフのスイングでは手首はほとんど動かさないのですが、腰の回転や肩の動きが悪いと、上手く動きが連動せずにどうしても「手打ち」になってしまい肘を痛める原因になりやすいのです。

 

◆  ゴルフ肘の原因は全身の歪みが関係している!?

 

肘の痛みは手首や腰、肩の連動した動きが悪いことで負担が掛かり、痛みが出ます。

東葉コンディショニングの施術では、肘を診る前にカラダ全体の歪みを整えていきます。上記でもお伝えしたように腰、肩の連動性が悪いことで肘に負担が掛かるケースがあります。

そこで全身の歪みを整え、肩から腕の動き、捻れなどを解消していきます。場合によってはそれだけで痛みが軽くなるケースもあります。それだけ全身の連動性が重要ということです。

最後に肘周辺の歪みを整え、筋肉の緊張を緩ませることで痛みの軽減を図っていきます。

 

しかし、痛みが軽くなったからといって油断は禁物です。肘の痛みは改善するまでに時間が掛かることが多いです。

「肘の痛みが出ているから」と、安静にしてしばらくの間ゴルフを控えたとしても、日常生活や仕事によっては肘を良く使うため、安静にしていることが困難なのです。パソコン作業、重い荷物の持ち運び、車での運転移動など肘に負担がかかる場面は多くあります。

いかに安静にしようとしていても気づかないところで肘には負担が掛かっています。負担をなるべく減らし、症状を回復するためにも当院での定期的なメンテナンスを行うことをお薦めします。

 

身体の痛みやコリ・歪みでお困りの方は、年間2万回の施術実績を誇る「からだの専門院」へご相談ください。

整体院 東葉コンディショニング東京院HPはこちら

整体院 東葉コンディショニング八千代院HPはこちら

著者プロフィール

著者アイコン
東葉コンディショニング
当院は、八千代市・船橋市・習志野市などの地域の皆さまからのご支持を受け、
東京院と合せて年間2万回以上の施術をするまでに成長しました。当院には、いろいろな病院や治療院に通ったものの、よくならずにお困りの方をはじめ、椎間板ヘルニア、
変形性ひざ関節症など手術を勧められお悩みの方など多くの方がうわさを聞きつけ来院されています。

関連記事