筋肉痛の対処法って??早く治したい筋肉痛にはこんなことが効果的!

筋肉痛で「体が動かない」「痛くて辛い!」なんて経験、ありますよね!酷いと夜も寝れないくらいの痛さが出ることもあります。そんな筋肉痛を早く回復させるために、今回は筋肉痛について書いてみようと思います。

 

◆筋肉痛が起こる原因とは??

なぜ筋肉痛になるのでしょうか?

運動をすると、身体には乳酸などの疲労物質がたまっていきます。そういった疲労物質の発生量が多く、代謝が間に合わずに筋肉に蓄積されると、筋肉痛が起きると考えられています。

運動中はカラダの様々な箇所を伸ばしたり曲げたりと、激しい筋収縮をしています。筋肉へ酸素の供給が間に合わないと、カラダを動かすためのエネルギー源であるブドウ糖が不完全燃焼を起こしてしまい、燃えカスのようなものが残ります。これが乳酸です。そしてこの乳酸が筋肉を硬くし、神経を刺激して炎症や痛みを起こすため、筋肉痛になってしまうと考えられてきました。

しかし、最近では違う解釈がされるようになってきています。 運動をして、乳酸が溜まっても、体内の乳酸値は運動後すぐに低下するため、筋肉痛のような症状を起こす要因にはならないという考え方です。では、なぜ筋肉痛になるのかというと、筋肉の損傷によるものと考えられています。損傷した筋肉が回復する過程で炎症を起こし、そのときにできる痛み物質が筋膜を刺激して筋肉痛になるという考え方です。

筋肉痛は医学的にはっきりと解明されていないのが現状です。

 

 

◆あなたは大丈夫?筋肉痛の対処法

 

要因がどうであれ痛いものは出来るだけ早く治したいですよね。では、痛みをなるべく早く「治す」、「軽減する」ためには何をしたらいいのでしょうか?これからその対処法を説明していきます。

 

1:アイシングする

筋肉痛が激しい場合は、筋肉の炎症を抑えるためにアイシング(冷やす)をすることが効果的です。特に運動や筋トレ当日は、使った筋肉をアイシングすることをお勧めします。

アイシングをすることで血流を抑制し、筋肉の炎症を抑え、痛みを軽くすることができます。

また、痛みが激しい場合やジンジンと熱くなるくらいの熱感がある場合は、お風呂やサウナは控えた方がいいでしょう。血流が良くなり過ぎてしまい、さらに炎症を促進してしまう可能性があります。

 

2:筋肉を柔らかくほぐす

筋肉痛の痛みが和らいできたら、次は身体を温めることが効果的です。体が温まると血流がよくなります。その結果、酸素が身体中をめぐり、同時に栄養素も行き渡ります。

そして、リンパ液などの体液の流れも良くなることで疲労物質を始めとする「体には不要なもの」・「老廃物」の除去、排出につながります。

このとき注意してほしいことが、温めようとして筋肉を押したり揉んだりすることはしないことです。筋肉を押したり揉んだりすると返って筋肉が緊張してしまい硬くなってしまうからです。

 

当院ではこのほかに睡眠をしっかりとることや寝る前に10分~20分くらい湯船につかって身体を温めて、ほぐすようにすると、より効果的なのでオススメしています。

現代人は湯船につかる習慣があまりなく、入浴はシャワーで済ませてしまっている人がほとんどです。湯船につかることで身体が温まり、先ほど述べたように血流やリンパなどの体液の流れがよくなります。反対に筋肉痛の状態でシャワーしか浴びていないと筋肉の硬さが取れずに筋肉の柔軟性が失われ、ケガのリスクも上がってしまうので、気を付けましょう。

 

いかがでしたか? 筋肉痛のまま過度なトレーニングを行ったりすると肉離れなどのケガが発症するリスクも高くなるので注意しましょう。

もし筋肉痛がなかなか取れない場合は肉離れや別の症状がでている可能性があります。もし気になるようでしたらお気軽にご相談ください。

著者プロフィール

著者アイコン
東葉コンディショニング
東葉コンディショニングでは、「痛みと戦うあなたを全力でサポート」を合言葉に、病院や他の治療院に行っても症状が改善しないとお困りの方々と日々向き合っています。独自の整体技術「QPR法」とはクイック・ペイン・リリース法の略で、一般的な筋肉を押したり揉んだりする施術とは違います。優しくカラダをゆらゆら揺らしながら安心感を与え、体の芯からゆるめ歪みやねじれを解消させていくのが特徴的です。安全で効果の高い施術法なので、乳児から高齢者、デリケートな妊婦さんまで、また手術を考えるほどの重症の方も多く来院し違いを実感しています。

関連記事