国民病とも呼ばれる肩こり。「何とかならないの・・?」

朝起きたとき・腕をあげた時などに、肩に痛みや圧迫感を感じることはありませんか?肩こりは日本人の国民病とも言われ、厚生労働省の調査によると、身体の悩みとして女性では1位、男性では2位となっています。それほどまでに、肩の悩みを抱えている人は多いのです。

 

◆なぜ肩がこるの??

日本人のほとんどが肩こりについて悩みを持っていますが、では、なぜこれほど多くの人が肩こりになるのでしょうか?

肩は、ボウリングの玉くらい重みがある頭を支えていたり、肩の下に付く腕を支える役割をしています。頭と腕をいつも支えているため非常に負荷のかかりやすい部分であると言えますね。 身体の悩みで1位に肩こりがあるのは女性でした。その原因は、筋肉量が考えられます。 頭の重さに男女比はほとんど無く、その頭を支えるための筋肉量が女性の方が少ないため、男性よりも女性に肩こりが起こりやすいのです。

また、肩こりになりやすい事として、・仕事場や学校でデスクワークや勉強など、長時間同じ姿勢をとっている・家事などで立っていることが多い・カバンをいつも片側の肩にかけている・スマートフォンの使用時間が長い

などは肩の痛みの原因になります。更に最近特に多いのが、スマホを操作している時に猫背になり、肩が前に入った状態が長く続くことで姿勢が悪くなり身体が歪んでしまう事で痛みが出るというケースです。

肩こりの主な原因は普段の私生活から身体がゆがんでしまうことが大きな原因だと考えられます。

◆病院で行う肩こりの主な治療

肩こりで病院に行かれる方も多いと思います。最近では肩こり専門の病院もありますよね。病院で行う肩こりの治療はどんなものがあるのでしょうか?

①薬物療法 ②牽引療法 ③温熱療法

などが主な治療方法です。

①の薬物療法は薬や注射によって筋肉を弛緩させたり、痛みの出る神経に対して薬を服用します。 中には副作用の出てしまう強い薬もあるため、肩の痛みは一時的に引いても他の部位に影響が出てしまう恐れがあります。

②牽引療法は機械を使って物理的に首を引っ張り、首の骨(頚椎)を伸ばします。

③温熱療法はその名のとおり、肩を温めて血流をよくしていく療法です。電機や遠赤外線を使って行うことが多いですね。

 

◆肩こりにならないように!

先ほども書いたように、肩こりの主な原因は普段の私生活や身体の歪みである事が多いです。いくら病院で肩の治療をしても、痛みを作り出している原因や私生活を変えていかないと根本的な痛み解消にはつながりませんよね。

肩こりでお悩みの方にはまず、生活習慣などから、どうして痛みが出ているのか、身体のバランス・歪みは出ているのかなどを見ていきます。 肩がこっている方は首や背中が痛くなるという方も多いです。肩の筋肉の疲れや緊張は首や背中にも影響を及ぼします。

当院の施術では、体の土台となっている骨盤の歪みを整え、肩や肩甲骨の土台となっている胸郭の調整、肩甲骨から肩周辺の筋肉の緊張をほぐし、血流の流れを良くしていきます。肩こりに効果的なストレッチもご紹介しています。

オフィスで出来る簡単ストレッチ!~首、肩こり編①~

オフィスで出来る簡単ストレッチ!~首、肩こり編②~

ストレッチをしても、なかなか痛みがとれないようでしたら、一度施術を受けてみてはいかがでしょうか?肩こりの原因を根本から改善していけるようアドバイスいたします。

肩こりや首の痛み、頭痛など身体の痛みやコリ・歪みでお困りの方は、年間2万回の施術実績を誇る「からだの専門院」へご相談ください。

整体院 東葉コンディショニング東京院HPはこちら

整体院 東葉コンディショニング八千代院HPはこちら

著者プロフィール

著者アイコン
東葉コンディショニング
東葉コンディショニングでは、「痛みと戦うあなたを全力でサポート」を合言葉に、病院や他の治療院に行っても症状が改善しないとお困りの方々と日々向き合っています。独自の整体技術「QPR法」とはクイック・ペイン・リリース法の略で、一般的な筋肉を押したり揉んだりする施術とは違います。優しくカラダをゆらゆら揺らしながら安心感を与え、体の芯からゆるめ歪みやねじれを解消させていくのが特徴的です。安全で効果の高い施術法なので、乳児から高齢者、デリケートな妊婦さんまで、また手術を考えるほどの重症の方も多く来院し違いを実感しています。

関連記事