ジャンパー膝にならないためのストレッチ!!一日たった10分!!

前回、ジャンパー膝の原因についてご紹介しました。今回はそんな辛い痛みの出てしまうジャンパー膝にならないためのストレッチをご紹介します。 一日たったの10分と短時間で簡単ですのでやってみてください!!

◆ジャンパー膝ストレッチ!大腿四頭筋!

膝に負担が掛かってしまう理由の一つとして大腿四頭筋という前側の太ももが硬くなって、うまく使えていないという事が考えられます。 衝撃が身体全体で拡散されず、膝で止まってしまうため、走ったりジャンプしたりした衝撃が膝に集中してしまうのです。 上手く衝撃を拡散出来るように大腿四頭筋を柔らかくしておきましょう!

足を延ばした状態で床に座り、片方の足を折り、上半身を後ろに倒していくと曲げている方の太もも(大腿四頭筋)が伸びてくるのが分かります。 これをゆっくり痛みが強すぎない程度に伸ばしてあげます。

曲げてる足の膝が浮かないようにするのがポイントです!!

◆ジャンパー膝ストレッチ!仰向け!

 【仰向けストレッチ!!】

2.jpg

 

1.jpg

写真のように仰向けに寝た状態で片側の膝を立てて、反対の膝を伸ばしたまま足を上げます。45度くらいまで挙げたらそのまま2~3止めます。 終わったらゆっくり足を下げて、また45度くらいまで挙げてキープ!を繰り返します。

ポイントは、足首を直角にしてから上げることです。

反対側の足は、軽く曲げて置いてください。そうすることで、腰が痛くなってしまうのを防ぐことが出来ます。回数は、10回を2~3セットを朝と夜に行ってください。

 

東葉コンディショニングでは、身体全体のバランスを整え、筋肉の本来持つ動きを出していきます。スポーツや普段の姿勢など、偏った身体の使い方をしていると、身体に負荷や衝撃が加わったときにうまく分散できず、一定箇所に負荷がかかるため、緊張が強まり、痛みの原因になります。

ジャンパー膝の場合、下半身の歪みを調整し特に大腿四頭筋など膝周りの筋肉の緊張を緩めて歪みの原因を取り除いていくので、痛みが軽減していきます。

いかがでしたか?ストレッチは運動の後やお風呂上がりの身体が温まった状態で行うとより効果的です。 膝に負担をかけてジャンパー膝になってしまわないよう毎日10分のストレッチを続けてみてください!!

著者プロフィール

著者アイコン
東葉コンディショニング
東葉コンディショニングでは、「痛みと戦うあなたを全力でサポート」を合言葉に、病院や他の治療院に行っても症状が改善しないとお困りの方々と日々向き合っています。独自の整体技術「QPR法」とはクイック・ペイン・リリース法の略で、一般的な筋肉を押したり揉んだりする施術とは違います。優しくカラダをゆらゆら揺らしながら安心感を与え、体の芯からゆるめ歪みやねじれを解消させていくのが特徴的です。安全で効果の高い施術法なので、乳児から高齢者、デリケートな妊婦さんまで、また手術を考えるほどの重症の方も多く来院し違いを実感しています。