膝の痛みの原因!?ジャンパー膝の症状とは? 

運動をする方に多い膝の痛み・・・一度は経験があるのではないでしょうか? 特に、ジャンプをすることが多いスポーツをしていたり、ウォーキングをする方が発症しやすい「ジャンパー膝」。今回はジャンパー膝の原因と、症状について書いてみようと思います。

◆ジャンパー膝って??

ジャンパー膝とはその名前の通り、バレーボールやバスケットボールなどでジャンプ・着地といった動作を頻繁に行ったり、ウォーキングやランニングなどの走る動作を繰り返しするスポーツに多くみられる、膝の使いすぎが原因で起こる膝のスポーツ障害のことを指します。

膝の曲げ伸ばしを繰り返すことで、膝蓋骨(しつがいこつ)と言う膝のお皿の部分と脛骨(けいこつ)と言うスネの骨をつなぐ膝蓋靱帯が炎症を起こしてしまうために起きてしまいます。酷くなると膝蓋靱帯が完全に断裂します。

この症状はスポーツをする方に限ったことではなく、趣味でウォーキングやランニングをしている方でも起こってしまいます。

jannpuhiza.jpg

 

◆ジャンパー膝の症状

自覚できる症状としては、膝のお皿周辺に、運動した時痛みが起こります。 普段の生活まで支障をきたすことはあまり多くありません。 しかし、ジャンパー膝は放っておくとどんどんと悪化していってしまいます。症状の進行度合いを見てみましょう。

症状1(軽度)

運動した後に膝に痛みが出る。動くことに支障はない。

症状2(軽度)

運動している最中にも痛みが出るが動くことに支障はない

症状3(重症)

痛みが常に有り、運動にも支障がでる

症状4(重症)

膝蓋靭帯の断裂

 

いかがでしたか?最初はただの膝痛であることが多いですが、症状の度合いを見ていくと最終的には靭帯が切れてしまい、歩くことが困難になってしまいます。 運動を続けるアスリートやウォーキング・ランニングを行っている方は自分の膝が今どのくらい痛いのかを良く観察してみてください!最悪の場合、歩行が困難になってしまうかもしれません。

次回は、このジャンパー膝に効果的なストレッチをご紹介しますので、参考にしてみてください!!

著者プロフィール

著者アイコン
東葉コンディショニング
東葉コンディショニングでは、「痛みと戦うあなたを全力でサポート」を合言葉に、病院や他の治療院に行っても症状が改善しないとお困りの方々と日々向き合っています。独自の整体技術「QPR法」とはクイック・ペイン・リリース法の略で、一般的な筋肉を押したり揉んだりする施術とは違います。優しくカラダをゆらゆら揺らしながら安心感を与え、体の芯からゆるめ歪みやねじれを解消させていくのが特徴的です。安全で効果の高い施術法なので、乳児から高齢者、デリケートな妊婦さんまで、また手術を考えるほどの重症の方も多く来院し違いを実感しています。

関連記事