産後の簡単ストレッチ&トレーニング 体型を戻して尿漏れを解消!!

今回は、内臓下垂を戻した体型をキープするために、また、妊産婦さんの多くがお悩みの尿漏れを解消することもできるトレーニングをご紹介していきます!

 

◆骨盤底筋郡のゆるみは産後の尿漏れに繋がる?

 

出産後、骨盤底筋群がゆるんだり損傷するために内臓が下垂し、結果、出産後おしりが大きいまま戻らなくなってしまうということがあります。

実はこの骨盤底筋郡、妊娠中から産後、場合によってはその後まで続いてしまう「尿漏れ」に大きく関係しています。

妊娠や出産で骨盤底が傷ついたり弱まったりすると、尿道のしまりが悪くなってしまいます。また、出産が骨盤底附近の筋肉や神経組織に与えるダメージは大きいもので、膀胱の働きを調整する神経に傷がついてしまうことで、尿漏れだけではなく尿意の感覚を感じにくくなるなどの、排尿トラブルを引き起こす事もあるのです。

 

◆間違えると産後の尿漏れや体型戻しが水のアワ!?

 

骨盤底のダメージが産後の体型戻しと尿漏れに関係することはおわかりいただけたと思います。

ここでもう一つ、知らないと体型戻しや尿漏れ解消どころか逆効果になりかねないのが「ガードルの着用」です。

早く何とかしたい!という気持ちはわかりますが、ちょっと待ってください!

産後すぐの骨盤が開ききった状態でウエストニッパーのようなガードルを着用すると、ウエストの部分を締めるために、内臓が下へと押しやられてしまうのです。

ちょうど、マヨネーズやケチャップボトルの胴部分をギュッと締めると、中身が下から出る、あの感じです。

これではウエストは押さえつけることで細くなったとしても、反動でお尻は大きいまま、また骨盤底には内臓圧をかけることになってしまいます。

これでは体型戻しも尿漏れ解消もうまくはいきません。

産後のカラダの回復に必要なアイテムであっても、使う順番がありますので、ガードル類の使用はもう少し先にとっておいてくださいね。

 

◆骨盤底筋トレーニングで、産後の体型戻しと尿漏れ対策を!!

 

それでは実際に骨盤底筋郡のトレーニングをしてみましょう!

 

①丸めたタオルを縦に置き、その上に座ります。

★②.jpg

★①.jpg

②排尿を我慢したり途中で止める感覚で、5秒間下腹部に力を入れる⇔5秒力

を抜く を、5回繰り返します。

★③.jpg


これを1日3~5回行います。

 力を入れる感覚が分かりにくいという方は、実際にお手洗いで排尿時に「止めて」みて下さい。

初めのうちはなかなか途中で「止める」ことは難しいですが、毎日お手洗いに行く都度試していると、1ヶ月程で効果が実感できますよ。是非やってみてくださいね。

著者プロフィール

著者アイコン
福嶋靖子
「家事や育児疲れで困っているママさん達の力になりたい」という想いで、自身の育児経験と整体師としてのノウハウを活かした施術やアドバイスは、ママさん達から熱い支持を受けている。2児の母。

関連記事